広げよう自然エネルギーの輪

石狩にある3基の風車

石狩に3基の風車があるのをご存知ですか?

 

小樽から札幌へ向かう国道でこの風車を目にする度に、誰がどのような目的で建てたのかとても気になっていました。恐らくは国が環境保護の一環でやってるのかな、ぐらいの認識でいたのですが、去る2011年3月11に発生した「東日本大震災」とそれに続く「福島原発事故」。これを契機に私の中であの、石狩の風車の存在がムクムクと大きくなってきました。

 

そこでいろいろ調べていくうちに、この風車は市民の協力で建てられたことを知りました。

 

このサイトでは石狩の風車の魅力を紹介しつつ、市民参加型の風力発電事業の素晴らしさをお伝えできたらと思います。

 

 

 

かぜるちゃん    かりんぷう    かなみちゃん
    かぜるちゃん            かりんぷう             かなみちゃん

 

 

 

 

 

[アクセス]
(1)札幌市内までのアクセス
<東京起点>
飛行機:羽田空港-(ADO.JAL,ANAなど/90分)-新千歳空港-新千歳空港駅-(JR快速エアポート36分)-札幌駅
(2)風車までのアクセス
札幌市内から出発する北海道中央バスの石狩・厚田方面行き(トーメン団地、石狩、厚田)のバスに乗りますとバス停「6線」が風車に最も近い停留所です。ほぼ1時間に1本間隔で運行していますが、風車見学にはお車をお勧めいたします。

 

[住所]
かぜるちゃん:北海道石狩市新港南3丁目
かりんぷう:北海道石狩市新港中央3丁目
かなみちゃん:北海道石狩市新港3丁目

 

 

[地図]
石狩風車地図